読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクとレザーその他諸々 blog

ポンコツのバイクをいじったり、レザークラフトをしています

YSR50のカウル補修 この接着剤スゴイんですけど RAPIDFIX

毎度、よいっぱりです

 

YSRのテールカウルがバキバキにクラック入ってるんですね

知り合いのネジ屋さんに

「カウル補修に使う接着剤なんかいいのないっすか?」

って聞いたら

「なにいってんすか、前に紹介したじゃないですか」

って怒られました

スミマセン、全然覚えてません

って事で改めて紹介してもらいました

RAPIDFIX(ラピッドフィックス)

 

 

FRPでもABSでもゴムでも金属でも付くらしい(マジか?)

でもPP(ポリプロピレン)とかフッ素樹脂はダメとのこと(PPはプライマー使えば付く)

乾燥後はタップたててネジ切っても大丈夫らしい

実際すごく堅いです

コチラはYouTubeの紹介動画


RapidFix Adhesive Combo

アメイジ~グ!一家にひとつラピッドフィックスだね!

 

せっかくなんでこの接着剤「RAPIDFIX」の実力を試して見ようじゃないか

ってことで用意したのはクラッチレバー(YSRどこ行った?)

f:id:yotakass:20170325153950j:image

既に端っこの方が折れちゃってます(自分のはちょうどいいのが無いので借り物、ってか貰ったってのが正しい)

 

それをさらにバキッと逝きます

f:id:yotakass:20170325154002j:image

 

一応液体の方だけでもくっ付くらしいのですが、ガムテで仮ドメ

 

f:id:yotakass:20170325154015j:image

 

そしてまずは青い方の液体を一滴ぽたっと

f:id:yotakass:20170325154028j:image

 

次にぽたっといった上に赤い方のパウダーをさらさら~っとふりかけます(ボトルからチョクでOK)f:id:yotakass:20170325154035j:image

 

パウダーを振りかければ1~2秒でカッチカチに固まります
f:id:yotakass:20170325154053j:image

一箇所付いたら、仮ドメのガムテを剥がして全周同じようにぽた・さらを繰り返します

 

そうしてバイクに取り付けたらレッツ試乗

f:id:yotakass:20170325154111j:image
ストップ&ゴーの多いところを5km×2本ほど走行しました

全く問題無かったです!

ただ、操作中に折れたらって考えると結構ドキドキでしたけどね

ホントは折れるまで実験したほうがいいんでしょうけど、他人のバイクですしこの辺で勘弁してください

この用途ならホントはコッチのパテの方が合ってると思いますが

 

ラピッドフィックスはとにかく早いです 

そして型を使えば造形も可能(カウルのボスとか)

出先での急な補修には便利なんではないでしょうか

ツーリングとかサーキットのお共にも

 

で、本題のバキバキのYSRのテールカウルもくっつけましたよ

f:id:yotakass:20170323210107j:image

複数箇所にクラック入ってるんで、何とかしないとバラバラになってしまいそうです

経年変化もあるしホントは交換したいところなんですけど…まぁ無いよね(廃番)

程度のいい中古探してもいいんだけど(ハズレ掴むのも嫌だし)、コレはコレで使えないこともないし補修して使います

先ずはアシづけと接着面を広くとるためにリューターでクラックの周りを削っていきます
f:id:yotakass:20170323210127j:image

家にあったリューターの刃で使えそうなのがこれしか見当たらなかったんだけど、ダメだコレ…orz

用途に合わない刃だからしょうがないね

 

まぁ最終的にはくっつきましたよ

f:id:yotakass:20170323210222j:image
表はそのままなんで、いずれ塗装するか中古で交換ですね~

 

 

 
バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります

 

ここで作ったもを販売してます。よかったら見てってくださいまし

Swirl works

 

ショートウォレット エルバマットリスシオのグリーン

レザークラフト

毎度、よいっぱりです

前回は軽く?愚痴らせていただきましたので、今回はしっかりモノを作っていきましょう

イタリアのテンぺスティーさんの革エルバマットリスシオを使います

この革かなり油を含んでるんで、そのままの床(ユカではなくトコと読みます革の裏です)に霧吹きで吹くと水をはじいて水分入っていきません(時間をかければ吸っていくでしょうし、軽く荒せば吸います)

床をカンナですく(薄く削る)と削れカスからなつかしい油粘土みたいな臭いがします(微かにですよ)

ずっと手で揉んでるとホントに粘土弄ってるみたいな感触がするんですよね

吟面(表側)はマットな質感ですが、使ううちに艶が出てきます

緑色のオリーブの実の色が近いかな

エイジングは

グリーン→茶色がかったグリーン→黒っぽく

って感じです

 

この前の練習をいかして本番いってみよ~
f:id:yotakass:20170323125139j:image

 

ここはまた違うパーツだけど段漉きいれて
f:id:yotakass:20170323125152j:image

 

いいんじゃないコレ
f:id:yotakass:20170323125200j:image

 

こういうフチ飾り?飾り枠?正確な名前を知らないんだけど

作ってる人間のパーソナルマークみたいなな感じでいいですよね

似たような形でも、作り手によって微妙に形が違うし、年月がたってから改めて見るとまたちょっと違ったりもするんだろうね

そういう所が型紙から手作りする醍醐味でしょうか(ただこの形、歩留まりが…)
f:id:yotakass:20170323220838j:image

とりあえずここまで進めたんですけど、漉きを頼みに行かないとこの先に進まないんですよね

自分でカンナで漉くことも、もちろんあるんですけど、やっぱりお願いしちゃったほうが時間もかからないしキレイにできるんですよね(特に薄い場合)

もろに年度末だってのもあるから、もしかしたら再来週くらいまで進まないかもね

まぁ焦らずゆっくり進めましょう

 


バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります 

 

ここで作ったもを販売してます。よかったら見てってくださいまし

Swirl works

 

ちょっと愚痴りますね~

最近仕事がたて込んできて精神的に余裕がなくなってきている私

毎度、よいっぱりです

今回はほぼ愚痴です

「自分一人がイラッとするのが嫌なんで、みんなでイラッとしようよ」という意図があって書いてます

ので

※閲覧注意 読むとイラッとするかもしれません

 

触るものみな傷つけるくらいギザギザハートです(嘘)

なもんで最近のブログの冒頭がなんかアレっすね、愚痴っぽいっすね

 

砂浜でオッサンが、夕日に向かって叫んでる

 

みたいな感じ

「何あれキモイ(|||´Д`)」

ってスルーしてもらえればいいと思います

 

あとね

最近ハンドメイド界隈のブログで

「(にわか)ハンドメイド作家に苦言を呈する」

ような内容のブログを何故かたてつづけに見たせいかね

なんかそんな記事ばっかりな気がしてんですよね

記事の内容はいいと思うし、どれも好きなんだけど

続くとなんだかね、

きっとアレだね

バイオリズム?そういう流れなんですかね

もしくはアレっすか、映画館で一人が「ゲフン」って咳払いするとあっちこっちで「ゲフン、ゲフン」するヤツですかね

僕もこんなの書いてる時点で一緒に「ゲフン」ってしてるんでしょうね

 

もうハンドメイド作家って言葉は滅びればいいのに

(作家自体じゃないよ 一応)

 

僕みたいにネットショップ作ってみたけど全く売れてないクソ雑魚ナメクジハンドメイド作家(苦笑)が言うのもなんだけどさ

ハンドメイドブームってのもよく分からないんだけどさ

自分を表現することばに「ハンドメイド作家」は使いたくなくなるよね

「ハンドメイド作家w」みたいになるよね(少し前におもいっきり使ったけどね)

 

レザークラフトだと初期投資もかかるし、比較的ハードル高いからかもだけど、そういうのは少ない?のかな

 

ホントはショートウォレットの進捗でも書こうと思ったんだけど

もういいや~(たいして進んでないしもう飲んでるし)

 

まぁ何やるにもそうだと思うんですけど

トライ&エラーの繰り返しなんですよね

出来なきゃ止めりゃいいし、楽しいと思ったらやればいい

やった先に何がある訳じゃなくってもやりますか?っていうものじゃない?それってさ

作家っていうくらいなんだからモノづくりをすればいいんだよね

ブログだって販売だってトライ&エラーでしょ

挑戦して エラーでて 修正

挑戦して エラーでて 修正

挑戦して エラーでて 修正

目標をセンターにいれてスイッチ

目標をセンターにいれてスイッチ

ハンドメイド作家をセンターにいれてs…

 

 

もの作りって楽しいよ~

 

 
バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります

 

 

 

 

 

ショートウォレットの続きのつづき

たま~に900ssに乗っていて、ちびっこからの視線を感じると手を振ったりします(前走車の車内とか信号待ちの隣の車とか)

テンションMAXで手を振り返してくれるチビッコが大好きです

車内で「バイクの人 手~振ってるよ~」みたいなリアクションくれると最高です

 

でも最近そういうチビッコが少ない?気がします

まぁチャイルドシートだから今どき後ろ向きに座らないから前走車はないかな

でも何でだろうね?

ソレだけじゃないんだろうけどさ

仮面ライダーはもっとバイクに乗ろうよ!

電王とか電車だし

 

仮面ライダードライブって意味わかんね~し

 そのうち自転車にのるライダーとか出てきそうだな

あ、でも仮面ライダーのバイクって時速400kmとか500km出るんですよね

スーパー交通違反じゃないですか(見るからに不審者だし)

 

まぁ時代の流れってやつなんでしょうね(バイク離れがね)

まぁ私もあんまりバイク乗らなくなってるし

 

毎度、よいっぱりです

とりあえず型紙ができました

f:id:yotakass:20170318002332p:plain

↑はPDFです

コレをプリントアウトして切り抜いたのが↓
f:id:yotakass:20170319122947j:image

 

使う革に乗っけて
f:id:yotakass:20170319123747j:image

どうにか足りそうです

良かった~

まぁ他にも革はあるんですけど、とりあえずグリーンを使いきってしまおうと思っていたので

では次回から「ショートウォレット制作 エルバマット グリーン」

はっじまーるよー


でもその前に

ちょっと試作というか練習

切れっぱしを使ってフチ飾りの段漉きが実際どの程度難しいのか実験です
f:id:yotakass:20170319123757j:image

 

下の部分のですね
f:id:yotakass:20170319125344j:image
 通常の包丁の動かし方ではココの段漉きが出来ない

私の手持ちの道具でできっかな~どうなんだろう?

 

お!いけそう
f:id:yotakass:20170319123827j:image

 

表から念をひいて凹ましてみました
f:id:yotakass:20170319123955j:image

 

コバの処理もしてみます

いけますね、大丈夫そう
f:id:yotakass:20170319124002j:image




バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります 

 

YSR50のレストア記録 リヤウィンカー

オートバイのエンジンはな~

ツクんじゃねーよ

かかるって言うんだよ~!

なんで最近の若者は(この時点でスッゲ~おっさん)「エンジンがツク」とか「エンジンがツカなくなった」とか言うんですかね

エンジンは蛍光灯とかLEDとかじゃないから「点く」はないよね

きっとレスポンスの「ツキがいい」とかが、どっかでそうなったんじゃないかと思ってるんですけどね

 

毎度、ハンドメイドゴム銃作家(笑)のよいっぱりです(1個作ったし嘘じゃないよね)

 

10数年ぶりに「ナップス横浜店」に行ってきました
f:id:yotakass:20170316120256j:image

店内フラフラ歩き回っていると若者同士の会話が聞こえたんですけどね

まぁ言葉なんて言わんとしてることが伝わればいいんですけど、雰囲気なんですよね

ホンダのスクーターなんかセルモーターが回る音もしないもんな

東本昌平さんのマンガでも読めばいい

ぼくは「キリン」とか読んでないですけどね

雑誌のRIDEでしたっけスゴく雰囲気いいですよね

まぁなんにせよ今回もYSR50進めてきましょ

 

赤○の突起が正常な状態です
f:id:yotakass:20170316132524j:image

 

ここにウィンカーが刺さります
f:id:yotakass:20170316132643j:image

 

なんですが、右側はこの突起が折れてなくなっています

なので、

その部分の補修が今回の作業です

こうなった
f:id:yotakass:20170316132809j:image

中途半端に残った突起を削りおとして

代わりにアルミのアングル材を切ってリベットで留めました

 

ウィンカーをつけるとこんな感じ
f:id:yotakass:20170316133000j:image

 

カウルも付けてみます
f:id:yotakass:20170316133046j:image

少しずつでも進んでます

 


バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります 

ショートウォレット続き

レザークラフト

 

毎度、よいっぱりです

先日Twitterがきっかけで思い出したんですけどコレ

6~7年前になりますか?

ニコニコ動画でゴム銃が流行ってましたよね

その時に作ったものです

動画では3発くらいしか撃ってないですけど、12発くらいは装填可能です

アルミのA5052の板材切り出して、一部は17sも使いましたか?たしか

アルミで2mmとか3mmの板を、あの大きさで加工するのって、ノコギリとヤスリだけじゃなかなか辛かったのはいい思いで(あ、ドリルもリューターも使ったか)

中身はこんな感じです(スプリングが入ってないけど)

f:id:yotakass:20170316135617p:plain

ゴム銃の威力はお察しですけど、なんせ重いんで当事小学3~4年の息子に持たせるのは怖かった(あれだと振り回して軽く当たっても流血するかも)

 

財布ですが、

少しずつ進んでますよ

型紙の一部はこれでいくんで、切り出しました
f:id:yotakass:20170316110604j:image

 

使う革の量と厚みの調整をどうしようか考え中
f:id:yotakass:20170316110610j:image
今回はエルバマットリスシオのミドリを使っていきます

ってか結構ギリギリの量なんだけど、ちゃんと切り出してみないと分からないくらい微妙かも(-_-;)

 


バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります 

 

YSR50のレストア記録 クランクシャフトオイルシール続き

YSR50日記 バイク関連

毎度、よいっぱりです

前回中途半端だったクランクシャフトのオイルシールをつけていきますよ

っとその前に

せっかく外したんだからクラッチの点検もしちゃいましょう

ノギスだけ用意すれば大丈夫です

f:id:yotakass:20170315165810j:image

 

先ずはフリクションプレートの厚みから
f:id:yotakass:20170315165817j:image

3.5mm 新品が3.5mmだからもうほぼ新品だね

ラッキー!

 

続いてクラッチスプリング
f:id:yotakass:20170315165826j:image
こっちは32.5mm ん?新品で28.2mmなのになんでそれより長いんでしょうね?

前オーナーが強化スプリングでも組んでたのかな?

まぁ問題なしってことで

 

ではでは新品のオイルシール(純正)を組んでいきませう
f:id:yotakass:20170315165106j:image

 

お手製のオイルシールドライバーで新品のシールを打ち込んでいきます
f:id:yotakass:20170315231922j:image

 

バッチリ均等に打ち込めてますね!(てかここまでやって失敗とかありえない)

f:id:yotakass:20170315165153j:image

 

後は色々元に戻して完成です

ちょっとその前に、

クラッチディスクなんですけど、新車時ってどんな向きでついてるか知ってます?

新車の時って必ずクラッチディスクは面取り側がエンジンに向かって(奥に向かって)付いてるんですよ

何でかっていうと

そのほうが組みやすいから!

面とってあるほうから入れてくほうが、当然ですけど組み付けやすいんですよ

ただね、

クラッチが切れる時ってその向きとは反対にクラッチディスクが移動するんですけど

それって面とってあるのと逆方向なんですよね

クラッチの「切れ」を重視するなら逆に組むほうがいいわけです

当然面取りしてあるほうに移動するほうが移動しやすいんで!

メーカーでは組み付けのしやすさを重視してるんです、要はコストを抑えるための組み方なんですね

別にメーカー批判ではないし、それでなんら不具合がないのでいいんですよ

ただもしココまでバラすような事があるなら、

面取りを外に向けて組みましょう!

せっかくですからね

f:id:yotakass:20170315165342j:image

ただですね、クラッチのバスケットとかハブとかに段付き摩耗がある場合は、組んであった通りに組みなおさないと(向きだけじゃなく、できればまったく組んであったまま)、クラッチの切れが逆に悪くなったりするから気を付けましょう(とくにDUCATIの乾式クラッチとかね)

 

色々もとに戻して完成です

オイルポンプにつながるホース類も新品に交換しました

f:id:yotakass:20170315165211j:image
外す時にもうカチカチに劣化していたんで、物のついでに交換です

 

残念ながら反対側のオイルシールがホントに3月末まで入ってこないようなんで、しばらくエンジンかかりませんね

(納期3月末とはっても、実は2週間くらいで入荷するんでしょ?っとか思ってたじきが僕にもありました)

物は来ないけどカタログが来ました
f:id:yotakass:20170315233919j:image

分厚いっす、ジャンプの半分ぐらいの分厚さです

ってかもう何冊もらってんだコレ

前に貰ったのは工具類のカタログだったしまぁ有りがたいんですけど

モノタロウでなんか頼むといつもカタログが送られてくるんですけど、オイルシール一個でこのカタログくれるなら、送料負けてもらえるとうれしいかな~

f:id:yotakass:20170315234316j:image

 

ただこういうカタログを眺めるのも嫌いじゃない、

ってか好きなんでいいんですけどね

ベアリングの型番とか載ってるんですよ

こういう所で探したほうがメーカーで買うよりry
f:id:yotakass:20170315234337j:image

昔は素人の相手なんかしてくれなさそうなベアリング屋さんとかで買ってた事を考えるといい時代になったもんだ~

 

 

 
バイク(整備・修理) ブログランキングへ

革・革小物 ブログランキングへ
ランキングはじめましたポチっていただけると励みになります